スイスショックとは?2021年スイスフランでFX取引する注意点4つ

スイスショックとは?

この記事で解決できる悩み

  • スイスフランの特徴とは?
  • スイスフランでFX取引する注意点は?
  • スイスフランショックについて詳しく知りたい!

この記事では、このような悩みや疑問について、解決するための解説をしています。

のちほど解説する「【2021年FX】スイスフランの見通しする際の注意点4つ」を理解して実践すれば、スイスショックで起きた出来事を知り、注意してFX取引を行うことができますよ。

えふえっくま_通常
「いますぐスイスフランで取引したい!」という方は『キャリートレードでスワップポイントを狙う!おすすめ口座2選』をチェックしましょう!

スイスフランの基礎知識

スイスフランはスイスの通貨です。

スイスには6種類の紙幣と7種類の硬貨があり、補助通貨としてサンチーム(100サンチーム=1スイスフラン)があります。

日本の100銭=1円、アメリカの100セント=1ドルと同じですね。

ちなみにスイスは永世中立国なので、世界保健機関(WHO)や世界貿易機関(WTO)といった多くの国際機関の本部が置かれています。
スイスフランの基本情報
取引量7位
使用国スイス連邦・リヒテンシュタイン公国など一部国・地域
通貨記号Fr/CHF
供給量7,212.6億スイスフラン
※2020年12月(マネタリーベース)
政策金利-1.25% ※2020年12月
10年国債金利-0.464% ※2021年1月28日
中央銀行スイス国立銀行(SNB)
中央銀行総裁トーマス・ジョルダン
雇用統計毎月初旬に発表

欧州市場は15時~21時が活況


スイスをはじめとする欧州市場は、日本時間15時~21時に取引が活発になるのが特徴です。

ボラティリティが大きいので、短期売買で稼ぐならその時間帯でのトレードをおすすめします。

ちなみに世界の外国為替取引額の約5割を欧州市場が占めており、通貨別シェアでもユーロ、ポンド、スイスフランで約5割です。

欧州国別の1日当たりの外国為替取引額では、スイスは日本に次ぐ6位ですが、スイスの人口が東京の人口と近いことを考えると、FXトレーダーの割合は日本より多いかもしれませんね。

2019年欧州国別の外国為替取引額(1日あたり)

1位:イギリス(3兆5760億ドル)
6位:スイス(2760億ドル)
7位:フランス(1670億ドル)
9位:ドイツ(1240億ドル)
--------------------------------------------
5位:日本(3760億ドル)

※順位は全世界の国別順位

スイスと日本の経済指標カレンダー

FX取引でのスイスフランの特徴2つ

世界7位の取引量を誇るスイスフランの特徴を2つ紹介します。

じつは、日本円と似た特徴を持つ通貨なんです。

それでは、順にその特徴をみていきましょう。

FX取引でのスイスフランの特徴2つ

  1. 安全資産
  2. マイナス金利政策

特徴1:安全資産

政治的中立性ゆえに永世中立国のスイスは、世界で最も優れたセイフヘブン(隠れ家・安全)通貨として広く知られています。

スイスフランの流動性は高くは有りませんが、戦争や紛争など世界情勢の不安定な時代に、投資家の資金の安全な避難先通貨として買われることがよくあります。

特徴2:マイナス金利政策

スイスの中央銀行は日本と同じくマイナス金利政策をとっています。

つまり世界的な不況が続くと、安全資産であるスイスフランに資金が集まり、スイスフラン相場が上昇しやすくなります。

そのままスイスフランの買いが進むと高騰してしまうので、それを抑えるためにマイナス金利が導入されました。

ただ、その為替介入が2015年のスイスショックの引き金となってしまったのです!
スイスショックがどう起こったか知りたいです!
えふえっくま_驚き

スイスフランショックとは?起きた要因と日本での影響

スイスフランが高騰した要因や、日本での影響について見ていきましょう。

スイスフランショックが起きた要因と日本での影響

いつ:2015年1月15日のスイスショック!
要因:SNB(スイス国立銀行)による為替介入
影響:スイスショックで国内FXは追証で借金者続出!?

いつ:2015年1月15日のスイスショック!

ここ数年でFXを始めた人であれば、スイスフランといえば「スイスショック」について外せない出来事でしょう。

2015年1月15日(木)スイス国立銀行(中央銀行)がスイスフランの対ユーロの上限である1ユーロ=1.20フランを廃止すると発表したことで、スイスフランが大暴騰しました。

スイスショックの価格変動

  • スイスフラン/米ドルが「1.0217~0.7398」まで「2820pipsの下落」
  • スイスフラン/円は「114.95円~154.42円」まで「3947pipsの上昇」

この値動きがわずか20分間での出来事になります。何の前触れもなく、この発表をすれば、為替相場は大混乱することは誰もが分かっていました。

20分間で約4000pipsの値動きは、リーマンショックや東日本大震災でも勃発しなかった、誰も想定していない値動になりました。

この価格変動を引き起こしたスイスが、世界の安全通貨と呼ばれる時は、もう来ないのかもしれません。

要因:SNB(スイス国立銀行)による為替介入

スイスフランの高騰を抑えるために、SNBは2011年9月から2015年1月15日まで、3年以上にわたってスイスフランを売る介入を続けていました。

しかし2015年1月15日に突然、SNBが為替介入をやめる(スイスフランの高騰を容認する)と発表したため、異常なまでにスイスフランに買いが集中して、スイスフランショックが起きたのです。

このときSNBは、政策金利の引き下げと為替介入を同時並行で行っていたので、相場への影響はさらに大きなものとなりました。

影響:スイスショックで国内FXは追証で借金者続出!?

証拠金維持率が一定を下回ると通常ならロスカットされますが、短時間の急激な値動きだとロスカットが間に合わず、証拠金がマイナスになるケースがあります。

スイスフランショックでは為替レートが配信停止に陥ってしまい、配信が再開したときには大きく下落していたため、たくさんのトレーダーに追証が発生しました。

ちなみに国内FXでは、システムやサーバーの不具合による損失の責任は免責事由になるので、追証を防ぐことはできません。

追証を防ぐためにすること

  • 証拠金ギリギリで取引をしない
  • 損切の設定は必ずする
  • サーバー負荷に強いFX業者を選ぶ

ナンピン買いがより被害を大きくしたか

スイスフランショックが起きるまでの3年間は、EUR/CHF(ユーロ/スイスフラン)のレートが1.2000に近づくたびにSNBの介入で上昇し、再び1.2000に近づいたこのときも多くのトレーダーが、今回も介入されるものだと信じていたんです。

そのため「1.2000を割ることは絶対にない」と考えるトレーダーのナンピン買いのポジションが集積したんですね。

そこで急に「SNBの為替介入がなくなる」というニュースが流れたため、慌てたトレーダーの注文が集中し、ナンピン買いをしていた多くのトレーダーが損失を出しました。

スイスフラン/円のリアルチャート


【2021年FX】スイスフランの見通しする際の注意点4つ

スイスフラン_円_と_CHF政策金利

2021年のスイスフラン相場を考える際は以下4つに留意してください。

それぞれの注意点を詳しく見ていきましょう。

【2021FX】スイスフランの見通しする際の注意点4つ

  1. 過去のイベントと値動きを確認する
  2. 継続する為替介入
  3. ユーロとの関連性は高い
  4. キャリートレードに用いられるスイスフラン

注意点1:過去のイベントと値動きを確認する

2008年のリーマンショックではユーロ不安により高騰し、スイスもその渦中に巻き込まれたものの、ゼロ金利政策や為替介入で抑制したため、不況の影響は他国より少なかったです。

しかし2015年のスイスフランショックでは短期的に大きな値動きを見せました。

それ以降はスイス企業の動向を示す指標が好調だったこともあり、スイスフラン相場は堅調に推移しています。

長期的に見ればスイスフランショックの影響は少なかったといえます。

2020年は新型コロナウイルスによる不安からフラン高へ進んだけど、今後の感染リスクの低下によって値動きの落ち着きがみられるかもしれませんね。
今後の経済指標が重要なポイントになってくることでしょう。

注意点2:継続する為替介入

SNBによる為替介入は今も続いているので、為替介入の動きによっては今後の値動きが左右される可能性があります。

スイスはアメリカからしてみれば主な貿易赤字国で、今後の為替介入の規模によっては為替操作国だと認定される可能性があります。

そうすると、スイスの為替介入の継続が難しくなり、フラン高が加速するかもしれません。

注意点3:ユーロとの関連性は高い

スイスはEU加盟国に囲まれていることもあり、ユーロとの関連性が高いです。

通常時は輸出入先の大半をEU加盟国が占めているので、ユーロの動向に影響を受けて値が動きやすいです。

ですから、スイスフランだけでなくEU加盟国の経済動向にもアンテナを張りましょう。

注意点4:キャリートレードに用いられるスイスフラン

スイスフランで儲けを出す場合はスワップではなく、キャリートレードが一般的になります。

キャリートレードとは低金利の通貨を使い高金利の通貨を買うことで、その金利差で利益を出していく方法になります。

スイスフランと同じく金利の低い日本の円なども、このキャリートレード用としてよく取引されています。比較的ユーロと連動性が高く、ユーロの動向を見守ることで予想が立て易い面があります。

リスクに関しては比較的少なく、国そのものが安定しているため、また経済的にも良好です。

しかし、これは全ての国に同じ事が考えられますが、基本的に隣国の動きなどに影響される国は多く、例えばアメリカの影響を受け易いカナダなどを例に挙げると分かり易いかと思います。

これはスイスも同じで、周辺国であるドイツやイタリア、フランスといった国の経済状況などに影響を受ける事は少なからずあるでしょう。

キャリートレードでスワップポイントを狙う!おすすめ口座2選

キャリートレードとは、金利がマイナスであるスイスフランを売り、高金利通貨を買うことでスワップポイントを狙う手法です。

この手法で利益を狙いやすいFX会社を2社紹介しますね!

キャリートレードにおすすめの口座2選


様々な取引スタイルに対応|総合力が高い:GMOクリック証券

GMOクリック証券

おすすめポイント

  • FXの取引高8年連続国内第1位(※)
  • 業界最強水準のスプレッド、かつ、高スワップ
  • 取引ツールの操作性が抜群

GMOクリック証券は、FXの取引高8年連続国内第1位(※)で、トレーダーからの評価が高いFX会社です。

スプレッドは業界最強水準で、スワップポイントも高いので、さまざまな取引スタイルで好条件の取引ができます。

取引ツールの操作性が高く、Macやガラケーでの取引にも対応しています。

10,000通貨からの取引のため、ある程度の資金に余裕のある人におすすめです。

(※)ファイナンス・マグネイト社調べ2012年1月~2019年12月

最短5分で申込!口座開設費・維持費は無料

GMOクリック証券で口座開設する(無料)≫

今なら、最大30,000円キャッシュバック!
※はじめてのFX口座開設+お取引条件があります

高金利通貨のスワップポイントが高い:みんなのFX

みんなのFX スワップ No.1 チャレンジ

おすすめポイント

  • 高金利通貨のスワップポイントが高い
  • 約定率99.9%で低スプレッド
  • 1,000通貨からの少額取引できる
  • 自動売買やバイナリーオプションの取引も可

みんなのFXは、トルコリラ/円やメキシコ/円、南アフリカランド/円といった高金利通貨ペアを取り扱っていて、どれもスワップポイントの水準が高いです。

これらのスワップポイントが他社より1円でも高いと差額をキャッシュバックするキャンペーンを行っています。(2021年5月10日~2021年6月30日)

また、主要通貨ペアのスプレッドは業界最狭水準でありながら約定率99.9%と高いので、チャンスを逃さずコストを抑えて取引できますよ。

1,000通貨から取引できるので、まず少額ではじめたい人や初心者にもおすすめですよ。

自動売買「みんなのシストレ」バイナリーオプション「みんなのオプション」といったサービスが利用できるのも魅力です。

最短5分で申込!口座開設費・維持費は無料

みんなのFXで口座開設する(無料)≫

今なら、最大50,000円キャッシュバック!
※はじめてのFX口座開設+お取引条件があります

スイスフランでいざ勝負!スプレッドが狭い口座2選

マイナー通貨であるスイスフランは、取扱いがあったとしてもスプレッドが高いFX会社が多いです。

少しでもスプレッドが狭く取引コストを抑えるには、次の2社を使いましょう!

スイスフランにおすすめのスプレッドが狭い口座2選

PayPay還元で実質スプレッドが安い:YJFX!

YJFX!

おすすめポイント

  • 業界最狭水準のスプレッド
  • スプレッド提示率が高いので広がりにくい
  • 取引量の応じてPayPayか現金で還元

YJFX!は実質スプレッドが狭いので取引量が多い方や頻繁に取引する方におすすめです。

原則固定のスプレッド(※)は業界最狭水準スプレッド提示率が高くスプレッドが広がりにくいため、安心して利用できるFX会社といえるでしょう。

また、YJFX!では取引するだけで毎月最大80万円のPayPayボーナスか現金を受け取ることができます。

対象は「①直近4週間で10万通貨以上の取引」「②直近1週間で1万通貨以上取引」の両方を満たせばOK!取引量が多いとランクが上がり還元率もUP!

取引量の多いデイトレーダーなら、よりたくさんのPayPayボーナス(または現金)に還元されるので、実質スプレッドを下げることになり低コストのFX取引ができますよ!

※2021年1月14日~1月22日の『米ドル/円』のスプレッド提示率は98.92%

最短5分で申込!口座開設費・維持費は無料

YJFX!で口座開設する(無料)≫

今なら、最大39,000円キャッシュバック!
※はじめてのFX口座開設+お取引条件があります

取引コストがとにかく安い!取引高は国内No.1(※)GMOクリック証券

GMOクリック証券

おすすめポイント

  • FXの取引高8年連続国内第1位(※)
  • 原則固定のスプレッドは業界最安値
  • スピード注文でスキャルピング取引を優位に

GMOクリック証券は、FXの取引高8年連続国内第1位(※)で、多くのトレーダーから高い評価を受けているFX会社です。

取引量が多くなるとスプレッドが気になりますが、他社と比較しても業界最安値の低コストで取引できます。

また、GMOクリック証券なら短時間に繰り返し取引するスキャルピングが可能

ワンクリックで成り行き注文を行うことができる『スピード注文』で、スキャルピングを行うメリットが非常に高いです。

取引単位が1万通貨単位からなので、初心者の方はデモトレードで練習してから本番取引に臨みましょう。

(※)ファイナンス・マグネイト社調べ2012年1月~2019年12月

最短5分で申込!口座開設費・維持費は無料

GMOクリック証券で口座開設する(無料)≫

今なら、最大30,000円キャッシュバック!
※はじめてのFX口座開設+お取引条件があります

スイスフランの特徴まとめ

この記事で重要な「【2021FX】スイスフランの見通しする際の注意点4つ」について再度確認しましょう。

【2021FX】スイスフランの見通しする際の注意点4つ

  1. 過去のイベントと値動きを確認する
  2. 継続する為替介入
  3. ユーロとの関連性は高い
  4. キャリートレードに用いられるスイスフラン

キャリートレードにおすすめの口座2選

スイスフランにおすすめのスプレッドが狭い口座2選

これらの注意点を理解して実践すれば、スイスフランの特徴を活かしたFX取引ができますよ。

-FXの基本
-,

© 2021 FX攻略テクニック