FX初心者でもわかる押さえておくべき注文方法6つ

FXにはどんな注文方法があるの?

初心者の方は、FXにどんな注文方法があるのか分からないですよね。

ここでは、FXで用いられる注文方法を6つ解説します。ぜひ参考にしてください。

FXの6つの注文方法

  1. 成行注文
  2. 指値・リミット注文
  3. 逆指値・ストップ注文
  4. IFD注文
  5. OCO注文
  6. IFDO注文

では、順に見ていきましょう。

基本的な注文方法

FXの売買取引にはいくつかの注文方法があります。「売り」と「買い」のどちらかを注文する基本的な注文方法や、売り買いを自動的に注文する方法があります。各注文方法の理解して、自分に合った注文方法を選びましょう。

注文方法1:成行注文

成行注文成行(なりゆき)注文とは、通貨ペアと取引数量を指定して、その時点での為替レートで即座に手動で注文する方法です。今の価格で買いたい、売りたいといったタイミングに使う注文方法になります。
成行注文は、取引価格を指定することができません。そのため、市場が大きく動いている場合は、あらかじめ意図した約定価格と乖離して約定する場合がありますので、市場が大きく動いているときの成行注文には注意が必要です。
なお、市場の変動が激しい時などに注文時と約定時の価格に差が出ることを「スリッページ」といいますが、このスリッページの許容範囲を設定できる注文方法が、成行注文の一種で「ストリーミング注文」といいます。
スリッページの許容範囲を設定することで、約定しようとした時にこの範囲から価格が外れていた場合、その注文はキャンセルされます。
市場の大きな変動時のスリッページが気になるという方は、ストリーミング注文を試してみるといいでしょう。

注文方法2:指値・リミット注文

指値注文指値(さしね)注文とは、あらかじめ売買を希望する為替レートを指定し、そのレートになったら自動的に売買注文する方法です。現在の為替レートよりも、安い時に買いたい、高い時に売りたい場合に使う注文方法で、リミット注文ともいいます。○○円になったら売ると指定ができるので、利益を確定させたい時に有効的な方法です。
ただ、希望する為替レートから実際のレートが離れれば、売買は成立しづらくなります。注文時点の為替レートから近い水準でレートを指定することで、売買が成立する確率は高くなるでしょう。

注文方法3:逆指値・ストップ注文

逆指値注文指値注文が現在の為替レートより有利なレートを指定する注文であるのに対して、逆指値(ぎゃくさしね)注文とは、現在の為替レートよりも不利なレートを指定しておいて、そのレートになったら自動的に売買する注文方法です。現在の情勢ではトレンドの方向を判断できないような場合に、トレンドが上昇した時は買い、トレンドが下降した時は売りといったように、あらかじめ注文を出します。そうすることで、トレンドを逃すことなく注文を行うことができます。
また、逆指値注文はストップ注文、ストップロス注文とも呼ばれていて、市場が予想と反対の動きをした時に、注文と反対の売買を行うことができるため、損失の幅を限定することで損失を最小限に食い止めることができる方法となります。

67kdh4j

 

自動売買の注文方法

注文方法4:IFD注文

IFD注文
IFD(イフダン)注文とは、新規注文とそれの決済注文をセットで出す注文方法で、「If Done order」の略です。新規注文が成立することで、自動的に決済注文も有効になります。たとえば、1ドル110円になったらドルを買って、120円になったらドルを売るといった二つの注文を1セットにして出すことができます。
決済注文は新規注文が成立しない限り、行われることはありません。

買いと売り、もしくは売りと買いを一括で注文しておけるため、忙しい人は取引画面を常に確認できなくても取引を行えます。指値で利益を確定するために使ったり、逆指値で損失を最小限に抑えるために使うのもいいでしょう。特に損切りを決めておくことは、非常に重要です。

注文方法5:OCO注文

OCO注文
OCO(オーシーオー)注文とは「One Cancels the Other order」の略です。
売買注文を2通り出して、一方の注文が成立すると、もう一方の注文が自動的にキャンセルされる注文方法です。

たとえば利益を伸ばすための指値注文と、最低限の利益を確保するための逆指値注文を同時に出しておくことができます。その場合、指値注文が成立した場合、逆指値注文は取り消されます。OCO注文は相場の変動に自信が持てない時に有効な注文方法です。新規注文と決済注文の両方で利用できます。

注文方法6:IFDO注文

IFDO注文IFDO(イフダン・オーシーオー)注文とは「If Done order + One Cancels the Other order」の略で、IFD注文とOCO注文を組み合わせた注文方法です。IFO注文とも呼ばれていて、最初にIFD注文が約定した後に、自動的にOCO注文が行われる仕組みとなっています。

新規で注文を出すと同時に、利益を確定するための指値注文と、損失を抑えるための逆指値注文の2通りの決済注文を出すことができます。取引画面が確認できない場合は、このIFDO注文をしておくと為替相場がどのような変動になってもポジション取得から決済まで取引対応することができます。

67kdh4j

 

初心者におすすめ!人気のFX口座

人気のFX会社で取引したいなら:DMMFX

DMMFXのおすすめポイント

  • 国内口座開設数第1位(※)
  • 24時間対応のLINEサポート
  • スプレッドが業界最狭水準

DMMFX国内口座開設数が第1位(※)で多くのトレーダーから支持されており、人気のFX会社で取引したい人におすすめです。

また、スプレッドが業界最狭水準で設定されているので、コストを抑えて取引したい人にもおすすめですよ。

24時間のLINEサポートやAIチャットにも対応しているので、初心者でも安心してFX取引がはじめられます

(※)2020年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2020年1月口座数調査報告書)

最短5分で申込!口座開設の手数料・維持費は無料

学びながらFXをはじめるなら:外為オンライン

gaitame_online_top

おすすめポイント

  • 初心者向けセミナーが充実している
  • 少ない資金からはじめられる
  • FX自動売買のiサイクル2取引が使える

外為オンラインは、初心者向けのセミナーやFXニュースの配信など、学ぶためのコンテンツが充実しているので、学びながらFXをはじめたい人におすすめです。

また、1,000通貨で取引ができるので、4,000円程度の少額から取引をはじめたい人にもおすすめできます。

ほかには、簡単な設定でシステムが自動で取引してくれる「iサイクル2取引」を提供しているので、将来的に自動売買も試してみたい場合は、外為オンラインで口座開設しましょう。

最短5分で申込!口座開設の手数料・維持費は無料

高性能なスマホアプリで取引するなら:YJFX!

おすすめポイント

  • スマホアプリが高性能
  • 1,000通貨から取引できる
  • 取引でPayPayが付与される

YJFX!は、スマホ中心で取引したい人におすすめのFX会社です。

スマホアプリの「外貨ex」は高性能ながら、初心者でも直観的に操作しやすくなっています。

また、1,000通貨からはじめられるので、まず少額ではじめて取引に慣れたい人にもおすすめですよ。

YJFX!では取引量に応じてPayPay(PayPayボーナスライト)もしくは現金が付与されるキャンペーンを行っているので、興味のある人はぜひチェックしましょう。

最短5分で申込!口座開設の手数料・維持費は無料

-FX初心者

© 2020 FX攻略テクニック