FXのpips(ピップス)とは?初心者向けに定義と計算方法を解説

FXのpips(ピップス)とは?初心者向けに定義と計算方法を解説

この記事で解決できる悩み

  • FXに出てくる用語「pips」って何?
  • pipsが分かると何ができるの?

この記事では、このような悩みや疑問について、解決するための解説をしています。

のちほど解説する「pips(ピップス)の仕組みと使い方」を理解すれば、FX初心者でもpipsが詳しく理解できます

【はじめに】pips(ピップス)とは為替レートの変動幅の単位

【fx pipsとは】pips説明画像

pipsは「percentage in point」の略で、為替レートの変動幅を表す単位です。

FXにおいては「通貨の最小単位の1/100」を意味します。

たとえば米ドル円の場合、日本円の最小単位である1円の1/100なので1pips=0.01円=1銭。

ユーロ米ドルだと最小単位は1セントなので1pips=0.01セント=0.0001ドルです。

pips(ピップス)を使う2つの理由

FXでpipsが使われるのは以下2つのメリットがあるからです。

それぞれのメリットを解説しますね。

pips(ピップス)を使う2つの理由

  1. 共通単位が必要
  2. pipsを使ってFXの投資効率が測れる

理由1.共通単位が必要

FXは日本円以外にも米ドルやユーロ、ポンドといったさまざまな国の通貨が登場します。

そのため、「円」や「銭」では一概に値幅を表せないんですね。

たとえば、「日本円が3円上昇した」や「米ドルが3ドル下落した」といったその国の通貨単位で表されても、何に対してどのくらい変動したのかがわかりません。

そこで共通の単位としてpipsを用いることで、情報をわかりやすくしたのです。

理由2.pips(ピップス)を使ってFXの投資効率が測れる

pipsがあれば投資効率が判断できます

というのも、トレーダーによって投資する金額が異なるので、稼いだ金額だけでは投資効率が測れないからです。

たとえば1,000万円の資金で1pips利確して10万円稼いだAさんと、10万円の資金で100pips利確して10万円稼いだBさんがいたとしましょう。

えふえっくま_通常
利益は2人とも同じ10万円ですが、少ない資金で大きな利益をあげたBさんのほうが投資効率が良いというわけです。

pips(ピップス)は通貨によって異なる

pipsの桁は通貨によって違います

大きく分けて、日本円を含む通貨ペアである「クロス円」と、米ドル円を含む通貨ペアである「ドルストレート」です。

両者の違いを見ていきましょう。

日本円を含んだ通貨ペア例米ドルを含んだ通貨ペア例
米ドル/円ユーロ/米ドル
ユーロ/円ポンド/米ドル
オーストラリアドル/円オーストラリアドル/米ドル
トルコリラ/円ニュージーランドドル/米ドル

円は1円の1/100

【fx pipsとは】米ドル/円 実際の画面

日本円を含む通貨ペアの最小単位は「円」なので、1円の1/100=0.01円=1銭

つまり1pips=1銭という分かりやすい対応関係になります。

円からみると1pips=0.01円なので、pipsは円に比べて小数点が2桁小さい単位だと覚えておきましょう。

米ドルは1ドルの1/10000

【fx pipsとは】ユーロ/米ドル 実際の画面

一方、米ドルを含む通貨ペアの最小単位は「セント」です。

1米ドルの1/100が1セントで、1セントの1/100が1pipsとなります。

つまり1米ドルの1/10000が1pipsなので、0.0001米ドル=1pipsです。

pipsは米ドルに比べて小数点が4桁小さい単位だと覚えておきましょう。

取引でpipsを扱う上での注意点

pipsだけでは取引量に応じた証拠金の減少を把握し損ねるケースがあります。

たとえpipsで投資効率は測れても、「pips×取引量」を計算しないと具体的な損失金額がわからないからです。

たとえば10万円の資金で投資していて、レートが1米ドル円=100円から99円に100pips下落したとしましょう。

取引量が1万米ドルの場合、1万米ドル×(100円-99円)=1万円の損失です。

一方、取引量が10万米ドルの場合、10万米ドル×(100円-99円)=10万円の損失が出て、ロスカットされて大損するんですね。

取引するときは、損切りラインまでの距離(pips)と許容する損失額を考慮したうえで、取引量を決めましょう

えふえっくま_通常
なお、どの程度のリスクをとってもいいかわからない人は、1回の取引でとるリスクを資金の1~2%以下に抑えるといいですよ。

また、FX会社によって最低取引単位が異なるので、少額資金でリスクを抑えて運用したい方は1,000通貨単位以下のFX会社を使いましょう

【FXのpips】まとめ

この記事で重要な「pips(ピップス)とは何か?」について再度確認しましょう。

pipsとは何か?ポイント3つ

  1. 為替レート変動幅の共通単位『pips』
  2. 1pipsは通貨によって異なる
  3. トレーダーの実力である投資効率が分かる

FX初心者の方は、pips(ピップス)をしっかり理解したうえでトレードをはじめましょう

-FXの基本
-

© 2021 FX攻略テクニック