外貨預金とFXの違いとは?

システムトレード

1998年の外為法が改正され、まず外貨預金が注目されました。その後に、少ない資金でも大きなリターンが期待できる外国為替証拠金取引(FX)が日本で個人でも行われるようになり、人気を集めてきました。

外貨預金とFXの違いは、外貨預金が主に高い預金利息を狙うのに対し、FXは金利の低い通貨を売り、金利の高い通貨を買うときに発生する金利差『スワップポイント』を狙う点になります。世界的に見ても日本では希な低金利時代にあります。この金利差を利用し金利の高い外貨を買うことで、大きな利益が得られやすい環境にあります。また、FXでも為替変動に合わせて売買することで、タイミングを外さなければ大きな「為替差益」が得ることも可能です。

外為オンラインで口座開設する(468x60)

外貨預金は手数料が高い!

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a0%e6%a8%aa%e9%95%b7
FXと外貨預金の大きな違いとして1つあげられるのが手数料の違になります。かつて外国の通貨を買うときは、大きな銀行で買うのが当たり前でした。通常、大手銀行で、ドルを買う場合片道1円の為替手数料が取られます。1円は、1ドル100円のときは1%ですが円高の80円の時では、更に割高で1.25%取られていることになります。一番手数料が安い米ドルでさえ、買った瞬間に2.5%のマイナスになってしまい、預金しても金利分を取り返すことはかり難しい状況になります。

オーストラリアドルやニュージーランドドルなどの高金利通貨なら、更に手数料が高く設定されていますので、よほど円安に進んで為替差益を得ないことには利益を上げるのが難しいです。外貨預金は決して効率の良い運用方法とはいえません。

レバレッジがある!

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a0%e3%81%ae%e6%a8%aa%e9%95%b7
FXと外貨預金の大きな違いの1つにレバレッジがあります。レバレッジとは、簡単に言うと証拠金を積むことにより、自己資金の何倍もの額を取引することが可能になります。

レバレッジを使えば少額の資金でも外貨を買うことができ、自己資金以上のポジションを持つことが可能なため、レバレッジを利用しながら『資金管理』を上手く運用することが取引のポイントになります。さらに、通常の取引単位は1万通貨単位ですが、業者によっては1,000通貨単位で取引出来るため、初心者の方はそうした業者を選んで少額で運用してみるのも良い方法です。

取扱通貨の種類が豊富

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a0%e6%a8%aa%e9%95%b7
大手銀行の外貨預金で取り扱っている通貨には、米ドル、ユーロ、ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドル、スイスフラン、新興国の通貨が1~2種類が一般的に扱えます。

その一方で、業者にもよりますがFXで取り扱われる通貨は非常に種類が豊富にあります。新興国の中には、高金利の国も多く存在するので、選択の幅が格段に広がります。簡単に挙げると、南アフリカランド、ハンガリーフォリント、メキシコペソ、ポーランドズロチ、トルコリラ、スウェーデンクローネなど種類が多くあります。

-FX初心者

© 2021 FX攻略テクニック