FX業者が倒産したら、預けたお金は?

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a0%e6%a8%aa%e9%95%b7
FX取引はFX業者を介して行います。

そのためにFX業者に対して、取引に用いるための資金を一時的に預ける形になります。FX取引で心配な点は、FX業者が倒産した場合に預けておいたお金がどうなるか、という点です。無事に返金されるのかということが心配の種になります。

初心者向き!国内口座数1位長期運用向き!低コストで取引するなら
外為オンラインDMMFXマネックスFXGMOクリック証券
67kdh4j

資産の分別管理

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a0%e6%a8%aa%e9%95%b7
万が一、FX業者が倒産してしまった場合に問題になるのは、FX業者が管理している顧客資産の行方になります。特に問題は、企業資産と顧客資産を分別して管理していたかどうかという点です。FX業者が倒産した場合には、顧客資産まで差し押さえの対象となる可能性もでてきます。

このような事態にならないよう、FX取引の業者が顧客の資産をきちんと分別管理しているかどうかが、チェックすべきポイントになります。すでに法律により分別管理を行う事は義務付けられていることもあり、正当に業務を行っている業者であれば、顧客の投資資産と企業資産とはきちんと分けて管理を行っていることが重要です。

また国内だけでなく海外でも、FX業者は資産を分けての管理を行っている業者も多く存在します。

信託保全システム

%e5%86%99%e7%9c%9f1%e3%81%ae%e6%a8%aa%e9%95%b7
FX業者は顧客から預かっている資産を、企業資産とは分離した分別管理を行うようになっています。倒産に備えてこのような管理方法を採用していることは重要です。それでもまだ顧客の資産が安全であるとは言えません。分別管理で分けて扱っていたとしても、企業資産を管理しているのがFX業者自身になります。

そこで、安全な顧客資産管理の方法として、信託保全システムが業界に取り入れられました。信託保全による分別管理は、顧客の投資資産を信託銀行に預けておく方法になります。

国内のFX業者だけでなく、海外のFX業者を利用する場合でも、可能な限り信託による資産管理を行っている業者を選ぶことをおすすめします。

保証範囲を知っておくことは大切

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a0%e6%a8%aa%e9%95%b7
FX業者が倒産した場合を想定して、信託保全による資産管理を行っているFX業者を選ぶことのメリットはとても大きいです。海外FXでも、そのような確かな資産管理を行ってくれる業者があるから、海外FX投資ならではの恩恵を安心して受けることができるでしょう。そのうえで、信託保全でどの程度まで保証が受けられるのか知っておくことが重要になります。

保証の対象となるのは、顧客の口座残高やFXでの利益、さらには、スワップポイントになります。この資産が守られていればFX投資家として、業者の倒産に備えることが可能です。

海外FX業者を利用すると、不安に感じる人もいると思います。もしもの場合の保証となる仕組みに、海外でも金融やFX業界全体で取り組みがあるため、ちゃんとしたFX業者選びを心がけていれば、むしろ海外FXによる恩恵は大きいです。