FX(外国為替証拠金取引)とは?

FXとはFXとは、異なる2つの通貨を売買することで、損益が発生する取引のことです。為替相場の変動を予想し、この売買取引によって利益を上げるのがFX投資です。

また、FXは『margin Foreign eXchange trading』の略で、外国為替証拠金取引を意味します。

簡単に言うと円が上がるか下がるかの2択の簡単な取引です。

少ない投資金額でも大きな取引ができ、短時間でも稼げると人気です。

為替相場で円の価値が変動

外貨取引をしたことがなくても、新聞やテレビニュースなどで、「円高」「円安」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。円高や円安といった為替相場の変動は、日本の経済や私たちの生活の至る所に深く関りがあります。

例えば、為替相場<1ドル=100円>を基準としたとき、

円高は、<1ドル=90円>になった状態をいいます。1ドルを購入するのに必要な円が少なくなり、円の価値が高くなりました。

円安は、逆に<1ドル=110円>になった状態で、1ドルを購入するのに必要な円が多くなり、円の価値が低くなりました。

FX投資では、例えば<1ドル=100円>のときに100万円で1万ドル買い、<1ドル=110円>のときに売却すれば、110万円で売れるので、その差額の10万円が利益となります。

為替変動

取引するために必要な預け入れ金

レバレッジ
FXを行うには、まず取引業者に口座を開設して、一定のお金を担保として預け入れる必要があります。この担保金を「証拠金」といいます。

通常は証拠金の範囲で取引を行いますが、「レバレッジ」を効かせることで、証拠金の何倍~数十倍の取引が可能です。

これは、取引額全でやりとりするのではなく、取引で生じた損益分のみでお金のやりとりするためです。これを「差金決済」と言います。

レバレッジで投資効果アップ

レバレッジとは、証拠金の数倍~数十倍の金額の取引を可能にする仕組みです。
たとえば、10万円の証拠金でレバレッジ10倍で取引を行えば、100万円の取引を行えます。レバレッジの倍率は、取引を行うときに取引金額と一緒に指定するので、特別な手続きは必要ありません。

レバレッジの倍率は個人の場合、最大25倍まで効かせることができます。10万円の証拠金であれば250万円の取引が行えることになります。逆に倍率を効かせないこと(レバレッジ1倍)も可能です。

損益もレバレッジの倍率となるため投資効果も高いですが、レバレッジ倍率を効かせるほどハイリスク・ハイリターンになります。

レバレッジ計算

金利で毎日コツコツ稼ぐ

スワップ
FXには、スワップ金利というものがあります。これは2通貨間の金利差のことをいいます。低金利の通貨を売り、高金利の通貨を買えば、スワップ金利を受け取れることができます。

金利は通貨によって異なりますが、日本円は低金利の通貨なので、基本的に外貨を買うことでスワップ金利を受け取ることができます。

このスワップ金利は、日本の銀行にお金を預けたときの利子よりも高く、毎日発生します。

スワップ金利は取引会社によって異なりますが、スワップ金利で利益を狙うならYJFX!がお勧めです。

<YJFX!>

取引手数料が安い

外貨預金もFXのスワップ金利と同様に外国為替を購入する投資です。
ですが、外貨預金では大量の手数料を取られます。

1ドルあたりの売買手数料は、外貨預金の1~2円に対し、FXでは0.3~1銭ほどで断然安くてお得です。FXでは、この売買手数料にあたるのがスプレッドと言われるもので、取引会社によって異なります。

他にもFXと外貨預金には次のような違いがあります。

FXと外貨預金の違い

取引ごとに手数料がかかるので、取引回数が多い場合は、このスプレッドが安い取引会社を選ぶといいでしょう。
お勧めはGMOクリック証券です。

<GMOクリック証券>

b3vk7
シェア
次の記事FXの利点