為替とは

為替とは、手形や小切手、銀行振込など現金以外の方法で貸借を決済することで、遠隔地に現金を運ぶときにその過程で紛失等の危険性を回避するために用いられる方法です。

為替には、主に国内で取引が行われる内国為替とニュースなどでよく取り扱われることのある、外国の通貨間で取引が行われる外国為替があります。
外国為替は略して外為と言ったり、英語ではForeign Exchange、略してFXと呼ばれています。
外国為替は異なる通貨間で取引が行われるため、外国為替市場で通貨の交換が行われます。その際の、通貨の交換比率のことを外国為替相場(為替レート)といいます。

初心者向き!国内口座数1位長期運用向き!低コストで取引するなら
外為オンラインDMMFXマネックスFXGMOクリック証券
67kdh4j

FXは人気の投資手段!人気の特徴とは?

FXとは?為替レートは、様々な理由で変動します。この相場の変動を利用して利益を得るために、さまざまな取引がなされています。たとえば、ドルが値上がりすると予想すればドルを買い、値上がりしたところで売れば、利益を得ることができます。FXは「円が上がるか、下がるか」2択のシンプルな投資です。

以前は円をドルなどに替える銀行の外貨預金が一般的でしたが、証拠金取引に当たるFXが登場し、個人投資家にまで一気に広まりました。FXが一気に広まった理由として、大きく以下の3つの特徴があります。

・レバレッジにより少ない資金で大きな取引ができる
・スプレッド(取引手数料)が安い
・取引時間は24時間いつでもできる

資金が少なくてもレバレッジで大きな利益を狙える

レバレッジ
レバレッジとは、預けた証拠金の額に対し、その数倍~数十倍で取引ができるしくみです。これを利用することで、たとえば10万円の資金でもレバレッジ25倍で250万円を動かすことも出来ます。

なぜこのような取引が可能かというと、それはFXの決済方法に理由があります。
FXでは、通常の商品の売買のように、金銭の受け渡しを行うことはありません。取引で発生した差額分だけを決済する差金決済という方法のため、少額の資金での取引が可能となっています。

スプレッド(取引手数料)が安い

スプレッド
スプレッドは、FX会社が提供している「売り値」と「買い値」の差を意味します。簡単にいうと「FX会社の取引手数料」のようなものです。

FX会社はこのスプレッドから利益を得ています。例えば、米ドルと日本円の取引の場合、まずFX会社は顧客に対して米ドル買いと米ドル売りの為替レートを提供します。これに対し、数銭上乗せしたレートで提供します。この上乗せ分がスプレットです。

FXはとにかくこの取引手終了が安く、銀行の外貨預金では1ドルあたりの売買手数料が1~2円かかるところ、FXは0.3~1銭と手数料を数十分の一~数百分の一に抑えられます。

例えば1ドル100円の場合、1万ドルを100万円で取引すると外貨預金では約1万~2万円の手数料がかかります。これがFXだとわずか約30円~100円程度です。

取引時間は24時間

外貨預金の場合、取引できるのは、銀行営業時間内に限定されています。さらに為替相場は常に変動しているにもかかわらず、基本的に1日1回しかレートは変動しません。このため1日の中で大きな動きがあった場合、チャンスを逃したり、逆に大きな損失を被る可能性があります。

これに対しFXでは、24時間レートが提示されています。売買タイミングを逃さず、ポジションを持った後に相場が急変しても、直ちに対応することが可能で、大きな損失を回避できます。

また、PCや携帯で使って24時間いつでも簡単に取引が可能です。最近は、iPhoneやAndroidなどのスマートフォンアプリも充実しています。

初心者向き!国内口座数1位長期運用向き!低コストで取引するなら
外為オンラインDMMFXマネックスFXGMOクリック証券
67kdh4j