チャートとは

チャート

チャートとは

FXで売買取引のタイミングを判断するために参考になるのがチャートです。

チャートとは、過去の為替レート変動を、価格と時間をそれぞれ縦軸と横軸としてグラフにしたものです。為替レート変動を、数字だけでなく、グラフ化されたチャートを使うことで、相場の流れをひと目で把握できます。それを参考にこれからの値動きを予測して、取引のタイミングを決めます。

チャートは、口座開設したFX会社のホームページ等で見ることができます。

チャートには様々なタイプのものがありますが、ロウソク足を使ったチャートが一般的です。


外為オンラインで口座開設する(468x60)

 

チャートの見方とは

初心者にとって、チャートの見方は難しく感じるかもしれません。ですが、実際はFXチャート用語や見方は簡単です。

チャートとは、値動きの推移を時間の経過に区切ってグラフ化したものです。時系列の最小単位内に「高値・安値・始値・終値」の情報が示されていて、それをグラフ化したものをローソク足チャートといいます。

ローソク足とは、1日の値動きを四本値(始値・終値・高値・安値)に集約したローソク型の記号で表します。また、相場の上昇下降が一目で分かるように陽線(白や赤)・陰線(黒や青)に色分けされています。1つのローソクには「胴体」と「ヒゲ」と呼ばれる部分があり、次のような意味を持ちます。

・白(赤)い胴体はその時間に値段が上昇
・黒(青)い胴体はその時間に値段が下降
・白(赤)いローソク足の場合は胴体の「一番下:始値」「一番上:終値」
・黒(青)いローソク足の場合は胴体の「一番上:始値」「一番下:終値」

始値はその時間の最初の値段で、終値はその時間の最後の値段のことです。ヒゲも含めた一番下の値段は「安値」を示し、ヒゲも含めた一番上の値段は「高値」です。またローソク足は1本をいくつかの時間区切りで表示することができ、区切りの単位によって、5分足・1時間足・日足・週足・月足と呼びます。このローソク足チャートの傾向を見ることで、その時間帯の動きを知る事が出来るようになるのです。


外為オンラインで口座開設する(468x60)

 

テクニカル分析とファンダメンタル分析とは

チャートのように過去の為替の変動に分析して、将来の為替の変動を予測することをテクニカル分析といいます。デイトレードやスイングトレードなど、短期で売買取引を行うトレーダーにとっては、売買タイミングを見極めるための手がかりになります。

一方、政治や経済、天候などの様々な要因をもとに、総合的に為替の変動を分析することをファンダメンタル分析といいます。これは中長期的なトレードスタイルで役立てることが多いです。

自分のトレードスタイルに合わせて、これらの分析を使い分けながら役立てましょう。


外為オンラインで口座開設する(468x60)

 

-FX初心者

© 2021 FX攻略テクニック