世界の基軸通貨である米ドル

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a0%e6%a8%aa%e9%95%b7
世界の基軸通貨である米ドルは、信用力が高い通貨です。

そのため、FXにおいても米国の経済指標は最も注目すべき情報で、他の外貨と比べても、米ドルの情報は一早く伝わってきます。

特に、毎月第1金曜日に発表される雇用統計の「失業率」と「非農業部門雇用者数」とは、米国だけではなく、世界の為替レートの浮き沈みを誘発します。雇用統計は景況感を表し、それは個人消費につながります。米国のGDPの約70%は個人消費で、雇用統計が改善すると、世界中の国から商品を購入されるようになります。

このような経済指標のニュースが頻繁に飛び込んでくる状態は、FXではとても重要な判断材料になります。

初心者向き!国内口座数1位長期運用向き!低コストで取引するなら
外為オンラインDMMFXマネックスFXGMOクリック証券
67kdh4j

米ドルはGDP(国内総生産)が世界一

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a0%e6%a8%aa%e9%95%b7
米ドルはGDP(国内総生産)が世界一であり、内需と外需の両方で経済が発展し続けているアメリカ合衆国の通貨です。その信用力から米国以外の国々でも広く使われています

産業としては技術力では日本やドイツ、生産力では中国やインドの追い上げが激しくなっていますが、依然として情報、医薬、航空、軍装などの分野で、米国企業は最先端の開発力をキープしています。

逆に同国が抱える大きな問題として、高齢化する人口に対する医療と年金の予算が足りないことが挙げられます。これらは巨額の貿易赤字と財政赤字に加え、低所得家計が増えていることが起因しています。

多くの情報まず英語に訳されて伝わる

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a0%e6%a8%aa%e9%95%b7
米ドルに次ぐ流通量のユーロをみてみると、ユーロはドイツやフランスの経済の影響を受けるため、重大な情報はまずはドイツ語やフランス語で発生します。

まれにドイツ語がダイレクトに日本語に訳されることもありますが、一旦、英語に翻訳されてから日本語に翻訳されることが大半を占めています。つまり、英語以外の言語では英語の情報が先行したあとに伝わるため、わずかな時間差ですが、英語が重要になってきます。

よって、英語を母国語とする米国の米ドルは、取引量とスピードで他国を圧倒していることが現状です。