あなたに合った取引スタイル?

48_3
FXの取引は主に4つのスタイルがあります。FXは通貨を売買すると理解している人もいるかもしれませんが、通貨間取引は相場の動きや流れによって最適な取引方法は異なってきます。

取引スタイルには「デイトレード」「スイングトレード」「スワッパー」「スキャルピング」があります。順に「短期取引」「中期取引」「長期取引」「超短期取引」と取引期間の違いがあります。売買ルールを決めてしまえば無駄な取引を減らせ、目標をもって取引することができるでしょう。

初心者向き!国内口座数1位長期運用向き!低コストで取引するなら
外為オンラインDMMFXマネックスFXGMOクリック証券
67kdh4j

1日の間に全ての取引を終える「デイトレード」

システムトレード
デイトレードという名前の通りに、その日の内にポジションを整理してしまう取引スタイルになります。

トレード回数に制限はなく、「経済指標の発表」「トレンドの転換」など為替レートが変動しやすい時間帯に取引を行います。メリットとして、短期間でポジションを決済するため、時間に縛られません

またポジションを持っていることへの不安がなく、気軽にトレードが行えます。デメリットとして、いまのポジションがもう少しあがったら?といった「期待感情」を持ち込みやすく、結果、本来よりも儲けを減らしてしまう人も少なくないでしょう。

長期保有で通貨間の金利差を狙う「スワッパー」

2_2
スワッパーとは金利を狙う長期取引スタイルになります。スワップポイント(金利)が利益の柱となるため、金利差の高い通貨ペアからトレード対象を選ぶ必要があります。

メリットとして、デイトレやスイングトレードの様に、為替差益を狙いに行くトレードスタイルではないため、地道にコツコツと利益を稼くことができます

またポジションを持っている限り、毎日、利益を受け取ることができます。デメリットとして、スワップポイントを狙いに行くため、パフォーマンスが極めて低くなります。そのため1日に何万円も何十万円も稼げるようなスタイルではありません。