FXにおける証拠金とは?

システムトレード
外国為替証拠金取引(FX)は、証拠金をFX会社に預託し、差金決済による通貨の売買を主に行う、差金決済取引(CFD)の一種です。

外貨の取引では銀行が行っている外貨預金が一般的になりますが、FXはレバレッジをかけて取引が行えるため比較的少額の資金からでも取引が可能な点と、為替差益(キャピタルゲイン)金利差益(インカムゲイン)によって得られる利益が外貨預金と異なる点になります。

1998年の外為法の改正により、それまで為替業務が為替銀行に限られていましたが一般企業にも解放されることで、比較的少額の資金からはじめられ、大きなリターンを期待できることからFXに注目が集まりました。

初心者向き!国内口座数1位長期運用向き!低コストで取引するなら
外為オンラインDMMFXマネックスFXGMOクリック証券
67kdh4j

証拠金とは何か?

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a0%e6%a8%aa%e9%95%b7
FXをはじめるには口座開設が必要になります。さらにFX取引を行う時には一定額を担保として預けることになります。こうして預けるお金のことを証拠金と呼びます。

証拠金とは、商品先物取引などで使われている差金決済と言う取引方法の仕組みとして知られていました。差金決済とは、取引代金とは別に証拠金をあつかうことで、取引のときに取引代金の全額を使用するのではなく、取引で発生した損益部分の代金でやりとりをする仕組になります。

取引代金のうち、損益部分の代金だけをやりとりするので極めて資金効率がよく、証拠金として預けた金額の数倍から数十倍の金額が取引できるのが差金決済の魅力であり、この仕組みはレバレッジと呼ばれています。

証拠金と証拠金維持率の関係

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a1%e3%81%ae%e6%a8%aa%e9%95%b7
FXを、はじめる場合に取引代金の全額を用意する必要がないレバレッジがあります。高い倍率のレバレッジをかけておこなうことで、取引内容によってはごく小さな為替レートの変動が何倍、何十倍もの損失となりポジションに影響を与得る場合があります。

影響の大きさによってはロスカットの対象になってしまうことがあります。そんな時に重要になるのが、取引金額に対する証拠金の残高を割合で表し、取引を続ける目安になるのが「証拠金維持率」になります。

FX取引は注文を発注して決済するまでが1つのサイクルになりますが、決済するまでの間、ポジションを持っている時にも、為替レートが変動することで損益が発生します。現時点の為替レートで決済した場合にどの程度、損益が生じるかを予測することを評価損益と呼称します。証拠金の残高に評価損益を当てはめることで求めることができる必要証拠金に対する証拠金残高の割合のことを証拠金維持率と呼称します。

証拠金維持率とロスカット

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a2%e6%a8%aa%e9%95%b7
証拠金維持率は取引を安定して続けるために重要な目安の1つです。FX会社としても証拠金維持率は取引を継続するための目安になり、一定の割合を下回るとポジションに対してロスカットを執行します。

ロスカットの対象になる証拠金維持率の割合はサービスにより異なりますが、大半は50%から100%の間に設定されていることがあります。ロスカットの執行は証拠金維持率の割合が低く、より大きな含み損を抱えた取引に対して行われます。ロスカットが執行されるということは、1回で取引が継続できなくなるほどの損失の可能性があることも視野に入れておく必要があります。