1日の変動幅が大きくも緩やかに上昇する見通しの英ポンド

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a0%e6%a8%aa%e9%95%b7
石油などのエネルギー産業が経済を支える一方、規制緩和が進み銀行や保険といった金融サービス業が盛んになっています。

イギリスがここまで経済成長できた理由には、世界各地で獲得した植民地があり大英帝国をつくり、産業革命の発祥地として工業が発達し、世界中の巨大な貿易圏に売るといった歴史の関係があります。2007年にはサブプライムローンの影響を受け、2008年のリーマンショックでは住宅と金融部門の減速は目に余りました。高水準のインフレも維持し続けましたが、今後はあまり成長が見込めない先進国でもあるといえます。

英ポンドに関しては値動きが激しく、スキャルピングなどの超短期取引で為替差益を得る人が多い通貨になります。著名なプロのトレーダーは、英ポンドを軸にしている人が多くいます。また、北海油田を持っているので、原油価格に影響される場合もあります。

初心者向き!国内口座数1位長期運用向き!低コストで取引するなら
外為オンラインDMMFXマネックスFXGMOクリック証券
67kdh4j

変動リスクに上手に対応できれば利幅が増える

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a0%e6%a8%aa%e9%95%b7
英ポンドは価格が一気に下がることもあり、リスク管理の能力が高い必要があります。チャートの分析力やロスカットの判断力、さらに証拠金維持率なども上手にコントロールする必要があります。

例えば、証拠金維持率を高くしすぎることで、大損をするまで取引を続けてしまいます。そのため、必ずロスカットを設定して、証拠金維持率を保ったまま、次の取引に移る体制を整えておく必要があります

逆にレバレッジに頼りすぎると、証拠金維持率をあまり低くしてしまい、予想外の展開ですぐに取引が中止になる場合があります。すぐに英ポンドの価値が上昇した場合は、ポジションがないために損を被ってしまいます。

英ポンド/円や英ポンド/米ドルで短期トレードをするFXは、コンスタントに利益を得られる中級以上向けの金融商品と思っても良いでしょう。

値動きが荒さがデイトレーダーに人気

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a1%e6%a8%aa%e9%95%b7
イギリスで使われている通貨が英ポンドになります。記号は、「£」「L」で表記されます。

ヨーロッパでは多くの国々でユーロを導入しましたが、イギリスではユーロを採用することなく、今でも英ポンドを使われています。イギリスのロンドン金融市場は、ニューヨーク、東京、香港と並び「世界三大金融市場」と呼ばれますが、元はロンドンの金融市場をモデルにしています。

英ポンドは、変動幅が大きいことが特徴になります。その動きは「米ドル/円が1円動くと英ポンド/円は2円動く」などと言われています。それにより、短期投資のデイトレーダーからの人気も高く、投資家の参入も比較的頻繁になっています。

日本時間の15時頃から取引が活発となり、少し時間を空けて22時頃も盛んに売買されています。