システムトレードでは、システムの特徴を理解する

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a2%e6%a8%aa%e9%95%b7
様々な状況の相場でも勝ち続けられるシステムトレード、自動売買システムは残念ながら存在しません。どのシステムでも、得意な相場苦手な相場が存在します。

相場の状況によって「勝ちやすい」「負けやすい」「利益が出やすい」「損失が出やすい」といった特徴や性能がシステム毎にあります。

無作為にシステムを選択するよりも、システムの特徴や性能を知り、狙う相場に合っているシステムを選ぶ方が結果を出しやすくなります。

それを踏まえシステムトレードで利益を出すには、事前にシステムの特徴や性能を把握しておく必要があります。

システムトレードで戦略を立てるためには、どのようなタイミングにエントリーしてどのようなタイミングにイグジットするかを決める必要があります。そうすることで利益・損失の出し方のベースとなるルールを構築することができます。

初心者向き!デイトレ向き!低コスト長期運用向き!低コストで取引するなら
外為オンラインYJFXマネックスFXGMOクリック証券
67kdh4j

資金とポジションサイズを決める

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a1%e6%a8%aa%e9%95%b7
システムトレードにおいて、投資する金額に対し、どれくらいのロット数で売買するかを事前に決めることは重要になります。

こうした何かしらの基準をもって運用するロット数を決めることはポジションサイジングになります。

良いシステムを見つけられたとしても、無理にロット数を大くさせ過ぎると1回のトレードで発生する損失が膨大になり、もしタイミングが悪く負けが続いた場合に運用を継続することが不可能になります。

反対に、無意味にロット数を小さくし過ぎると、大きな負けは回避できますが、勝ちが続いたとしてもなかなか資金を増やすことができません

同じシステムで運用したとしても、ポジションサイジングの違いだけで、結果が全く異なるということが分かります。

最適なロット数を考えると、許容リスクやトレードの考え方も、システムの特徴や成績で判断して考える必要があります。人により許容できるリスクやトレードに対する考え方は大きく異なり、1回のトレードで発生する損益の大きさや勝率などを考慮して自分にあったシステムを選ぶことが大切になります。

戦略は複数組合せる

%e5%86%99%e7%9c%9f3%e6%a8%aa%e9%95%b7
相場のトレンドが明確な時や、レンジ相場が継続しているような時や、明らかに今後も今の流れが続くことが予想できる場合には、その相場にあった戦略だけを選べば簡単ですが、実際の相場はそう簡単にはいきません

そこで、今の相場が続くか、それとも近々変わるかもしれないと想定することで、その時々の相場で力を発揮するように戦略を組合せて運用することで、損失を抑えて利益を伸ばすことも可能になります。

複数の戦略を組み合わせて運用する場合には、同じ性質の戦略を複数組合せるよりも、相場が変化した場合に備え、異なる性質の戦略を組合せるほうが損益は安定し、利益にもつながるでしょう。

システムトレードおすすめのFX会社

初心者のサポートが充実! シストレなら外為オンライン

第1位 外為オンライン

総合評価:4.8 / 5.0
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳細

外為オンラインは、オリコンランキングでも常に上位の人気FX会社です。
ツールの性能と使い勝手が業界トップレベルで、元システム会社という強みが活かされています。
ツールは、初心者でも分かる操作のシンプルさと上級者が求める機能をバランスよく併せ持ちます。
また、低コストで常に有利な条件で取引できるため、取引スペックにも優れています。特にスワップポイントが高く、長期売買に適します。FX初心者には特にお勧めのFX会社です。
*5,000円のキャッシュバックは、非常に簡単な条件で貰えます。 詳細はこちら