システムトレードは3タイプある

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a2%e6%a8%aa%e9%95%b7
システムトレードには、3つのタイプがあり知識やスキルの違いにより適した方法が選択できます。

タイプには、「開発型:自作派」「開発型:調達派」「選択型」の3つがあり、それぞれ違った特徴をもっています。

●開発型:自作派タイプ
マーケットに参加することなく、自分ルールを自動化しトレードするタイプです。

●開発型:調達派タイプ
世の中にある優秀なルールを自分で探し、システムに搭載してトレードするタイプです。

●選択型タイプ
システムに搭載されたルールから、自分に合ったシステムを選んでトレードするタイプです。

下記からは、それぞれのタイプについて、さらに詳しく解説していきます。

初心者向き!デイトレ向き!低コスト長期運用向き!低コストで取引するなら
外為オンラインYJFXマネックスFXGMOクリック証券
67kdh4j

開発型:自作派タイプ

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a1%e6%a8%aa%e9%95%b7
開発型:自作派タイプは、高い知識を持っていることで自分自身で売買プログラムを開発でき、それを取引システムに搭載してトレードを行います。メリットとしては、自身でトレードルールを設定して自動化トレードが可能で、更に、自ら相場環境の変化に合わせてアレンジすることができます。

売買プログラムは様々なものが提供・販売されているため、自分で開発する必要が無く、優良な売買プログラムを見つけて購入することでシステムトレードが可能です。
ですが、自作派は、自らで売買プログラムを作成しており、そのためにはプログラミング言語を用いてプログラミングを組む必要があります。

よって、知識と作業を必要とする難易度の高さから、中上級者向けのシステムトレードと言えるでしょう。

開発型:調達派タイプ

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a0%e6%a8%aa%e9%95%b7
システムトレードには、多くの専門会社があり、会社間で競って最新システムの開発を行っています。それらを活用して、良いシステムを見つけ、使いこなしてテクニックを磨いていくトレードスタイルが開発型:調達派タイプになります。

そこから得られる、調達派のシステムトレードの経験は、世の中にあるシステムの中から、今後利益を上げるシステムはどれか、など見分ける力をつけるには最適です。また、ここで得られるシステムを見極めるノウハウは、自作派にステップアップしても役立つ力になります。
知見を高めていることで、自作したシステムの性能を客観的に評価することができ、完成度が低い勝てないシステムを作って使ってしまうようなリスクを避けることができるメリットもあります。

選択型タイプ

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a1%e6%a8%aa%e9%95%b7
選択型タイプは、すでに搭載されている複数の売買プログラムの中から狙う相場に合わせて選択し、利益の上がりそうな売買システムを選んでトレードするタイプになります。
メリットとしては、プログラミングする必要が無く良い売買プログラムを探す必要も無く、最初からシステムに搭載されているものの中から選ぶだけでシステムトレードができるため、プログラミングの知識が無くても気軽に始められることです。

そういった特徴から、専門知識や開発作業が必要無いことや、システムを購入する必要がないため初期コストの負担もないので、初心者でも始めやすいことが特長です。

システムトレードおすすめのFX会社

初心者のサポートが充実! シストレなら外為オンライン

第1位 外為オンライン

総合評価:4.8 / 5.0
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳細

外為オンラインは、オリコンランキングでも常に上位の人気FX会社です。
ツールの性能と使い勝手が業界トップレベルで、元システム会社という強みが活かされています。
ツールは、初心者でも分かる操作のシンプルさと上級者が求める機能をバランスよく併せ持ちます。
また、低コストで常に有利な条件で取引できるため、取引スペックにも優れています。特にスワップポイントが高く、長期売買に適します。FX初心者には特にお勧めのFX会社です。
*5,000円のキャッシュバックは、非常に簡単な条件で貰えます。 詳細はこちら