FX会社が提供しているスプレッドとは?

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a1%e3%81%ae%e6%a8%aa%e9%95%b7
FX会社が提供するスプレッドは、買う時の為替レートと売る時の為替レートの差になりますが、これを簡単に説明すると「FX会社の取引手数料」のようなものと考えていただければよいでしょう。

FX会社の利益はこのスプレッドによって得ています。例として、米ドルと日本円の取引の場合、FX会社は顧客に対し、米ドル買いと米ドル売りの為替レートを提供します。
その時、買いの為替レートに対して数銭上乗せした為替レートで提供します。この上乗せされた分がスプレッドということになります。

また、米ドルを売って円を買う場合でも、最終的には決済取引をする必要があり、その際にもFX会社で上乗せされた買い取引の為替レートで取引を行うことになります。

初心者向き!デイトレ向き!低コスト長期運用向き!低コストで取引するなら
外為オンラインYJFXマネックスFXGMOクリック証券
67kdh4j

銀行でのスプレッドについて

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a0%e6%a8%aa%e9%95%b7
スプレッドは、FX会社だけでは無く銀行でも違う名前となって導入されています。

銀行で外貨預金をする場合にはTTS(Telegraphic Transfer Selling rate)と言う円を外貨に両替する為替レートと、TTB(Telegraphic Transfer Buying rate)と言う外貨を売り円へと両替する為替レートが設定され、それぞれは銀行によりレートが異なりますが、米ドルの場合は多くの銀行でそれぞれ1円の値幅を設定されています。

このような外貨預金のスプレッドを見ると、ドル円では往復取引で2円となっています。ですがFXの場合では広めの業者でも1銭程度となっており、スプレッドを手数料と考えた場合、銀行はFX会社の約200倍の手数料をとっている計算になってしまいます。

インターバンク市場(銀行間取引)でのスプレッドについて

外国為替市場は1つでは無いため、1本値(売値と買値が統一された為替レート)は存在していません。そのため、インターバンク市場においてもスプレッドが存在することになります。
%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a2%e6%a8%aa%e9%95%b7
原理は、まず銀行の中でも「マーケット・メイカー」と呼ばれる銀行が各通貨ペアの売値と買値を設定していきます。その後、「ポジション・テイカー」と呼ばれる銀行(※銀行以外の場合も有り)が、マーケット・メイカーに対して取引を発注することになります。

そうなると、マーケット・メイカーとしては、常に為替相場は変動している状況にも関わらずポジション・テイカーへと為替レートを提示する必要があるため、注文を受けて取引が完了するまでの時間でリスクが生じてしまいます。

そこで、マーケット・メイカーは売値と買値にスプレッド幅を持たせて、値を設定するリスクを緩和しつつ、さらに「注文内容」「自行のポジション」「為替レート」を考慮しながら売値と買値を設定しています。
この時、マーケット・メイカーが設定しているスプレッド幅は、一律ではなくポジション・テイカーとなる銀行によって変えることになります。

スプレッドで比較!短期運用おすすめのFX会社

低コスト!ヤフーグループのFX会社

第1位 YJFX!

総合評価:4.8 / 5.0
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳細

ヤフーグループのFX会社で、ヤフーの資金力とシステム構築力で業界トップを狙うのがYJFX!です。

低スプレッド業者では、提供の少ない通常の1/10の1000通貨(4,000円)取引ができるため、低資金からFXを始められます。

特にスマホや携帯システムが充実しています。システムが使いやすく、スマホアプリも人気があり、FX初心者には特におすすめのFX会社です。

また、長期運用に最も適し、スワップポイントが業界最高水準のFX会社です。外貨預金代わりの長期運用をするならYJFX!はおすすめです。

他にも優良サービスとして、現受け・現渡しにより格安で外貨両替する事もできます。空港での両替と比較すると約98%OFFの手数料です。海外旅行前の外貨両替に使うと大変お得です。

さらに、YJFX!を使えばTポイントが貯まります。お得な今がチャンスです。詳細はこちら

スプレッドが業界最狭水準で安い!

第2位 GMOクリック証券

総合評価:4.7 / 5.0
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳細

GMOクリック証券はFX取引高で4年連続世界第1位を獲得した、日本を含めた世界で最も使われているFX会社です。
主に「手数料、取引コストの低さ」「取引ツールの使いやすさ」が人気の理由です。
「手数料、取引コストの低さ」という点では、全通貨共通してスプレッドが低いということが魅力です。
米ドル/円0.3銭、ユーロ/円0.6銭、ポンド/円1.1銭と低い設定がされているうえに、原則固定なので市況に影響されるず取引しやすくお得です。
「取引ツールの使いやすさ」としては、PC、スマホともに使いやすい上に高機能なツールが用意されています。PCから使える「はっちゅう君FX」は操作性を重視しており、簡単な操作で売買が可能です。
また、スマホではAndorid版アプリ「FXroid」iOS版アプリ「iClickFX」があり、こちらも簡単に使えることはもちろん、このアプリ1つで取引+市況やニュースなどFXに必要な情報をチェックすることができます。 詳細はこちら

初心者におすすめのFX会社!

第3位 外為オンライン

総合評価:4.6 / 5.0
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳細

外為オンラインは、オリコンランキングでも常に上位の人気FX会社です。
ツールの性能と使い勝手が業界トップレベルで、元システム会社という強みが活かされています。
ツールは、初心者でも分かる操作のシンプルさと上級者が求める機能をバランスよく併せ持ちます。
また、低コストで常に有利な条件で取引できるため、取引スペックにも優れています。特にスワップポイントが高く、長期売買に適します。FX初心者には特にお勧めのFX会社です。
*5,000円のキャッシュバックは、非常に簡単な条件で貰えます。 詳細はこちら